<< 3/8 仙台市・ますみ幼稚園 | main | 3/17 大和町 親子ふれあい教室 >>
3.11 東日本大震災7年

7年が経つんですね。あの日が、遠い昔のようにも、昨日のことのようにも感じる。ただ、津波の映像を見ると、以前よりもすぐに涙が出てくる気がします。全国のみなさんからのたくさんの応援の声や支援していただけたこと、支援コンサートでみんなでいっぱい笑ったり踊ったりしたことを励みにボクらも日々進んでいます。おかげさまです。ありがとうございます。

カテゴリ:動画@あきらチャンネル | 15:11 | comments(7) | -
コメント
こんにちは。津波の映像、私もそう思います。
何も出来ない非力な自分を痛感する今日この頃。出来ることを地道に続けます。
| Kyoshiro | 2018/03/11 5:04 PM |
あれから7年ですね。
子どもたちの成長と共に月日が流れているのを感じます。
当たり前が当たり前ではないということを実感したあの日。
福島で子育てをしていくことへの不安を抱えながらも、
目の前で日々成長していく子どもたちに伝えて
いかなくてはいけないことがあるなぁと感じます。
| Kちゃん | 2018/03/12 12:01 AM |
7年前、いまでも鮮明な記憶が蘇ります。
震災直後で、自分たちのことも大変な時期なのに、プランニング開のスタッフの皆さんに、たくさんの笑顔をいただきました。
アトリエで作ったお好み焼きも、忘れられない思い出です。
たくさんたくさん 感謝しています。
ありがとうございます。
| かえ | 2018/03/12 12:49 AM |
7年の月日の流れに、さまざまな想いがあふれますね
今日は、今?ちまたで話題になっていると言われている、「君たちはどう生きるか」と言う本に目が止まり、自分の意識とは少し違う何かに押されるように手にとってみました

もうすぐ、小学校卒業する長男。
7年。私にとって、早かったです。

これからも、忘れずにいたい、そう思います
| よーおかん | 2018/03/12 1:00 AM |
7年間をあらためて想いました。コンサート、アトリエ、ミュージカル笑顔いっぱいの場所を作って頂き、発信し続けてくれていること。本当に元気をいつも頂いています☆ありがとうございます!
| みんみん | 2018/03/12 11:35 PM |
あの震災のすぐ後、地元である南三陸町に来て子どもたち、大人たちに元気や希望を分けてくれたのはあきらちゃんたちでした。あのとき、ステージを観る側だった僕が、今あきらちゃんたちと一緒にステージに立たせてもらっているのは何か意味があるような気がします。
まだまだ未熟な僕ですが、僕にしか伝えられないことは必ずあるはず!!と信じてこれからも、皆さんと楽しいステージを創り上げていきます!

これからも皆さん!どうぞよろしくお願いします!!
| ジャンプ | 2018/03/13 1:11 PM |
7年…何をしていたかなぁ、何かしたかなぁと考えたり、考えたくなかったり…。けれど、目の前にいる、たくさんの未来を見つめる、大きな夢を抱えている子ども達の為に、出来る事を地道にやっていくしかないのかなぁと考えたり…。毎年、少し立ち止まる時間をもらっています。
| ひろみセンセイ | 2018/03/14 12:17 PM |
ホントに一言でもいいですよ。さぁ、勇気を出して!